狭いキッチンを有効的に活用して収納スペースをつくろう

注目記事

キッチンを安く

キッチンは思っている以上に高く、住宅購入時に費用がかかることでも有名です。なるべく安くするためにはオーダーメイドで作るという方法もあります。この場合だと最新の設備を省くことが可能です。

PICK UP

  • キッチンの種類

    キッチンにはクローズ型やオープン型、セミオープン型といった様々な種類のキッチンがあります。それぞれメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせることが大切です。

  • 実際に確認する

    キッチンの取り付けやリフォームを考えている場合は、実際にショールームで確認することができます。直接触ることができるので導線や収納の良さ等を感じることができます。選ぶ際にはデザインだけでなく材質を見ていくことも大切です。

キッチンの収納場所

壁を上手に活かせば、収納スペースを確保出来ます

どうしてもキッチンスペースが狭いと、ものがごちゃごちゃしてしまい、使いにくくなってしまいます。ですが、どんなに狭いキッチンスペースでも、有効活用する事で、快適に利用する事が出来るというのをご存知ですか。 壁に棒や板とS字フックを着けるだけで、ちょっとしたものをかけることが出来るようになりますので、それだけでもキッチンを使いやすくすることが出来るのです。ですが、中には賃貸物件なので、キッチンをリフォームする事が出来ないという人もいるでしょう。 そういった人は、シールや細い棒などを使って、壁を傷付けないように配慮すれば、十分に壁を有効活用する事が出来ます。是非、キッチンの壁が空いているという人は、有効活用してみましょう。

スリムラックやマルチラックを使ってみましょう

また、壁を有効活用する以外にも、スリムラックを使う事で、色々な調味料などを沢山おくことが出来るようになりますので、大変おすすめです。スリムラックであれば、簡単に移動をする事が出来ますので、普段の掃除も簡単です。ですので、キッチン周りの清潔も保つことが出来ますので、まさに一石二鳥なのです。 また、シンクの脇に、広いスペースがあるのであれば、思い切ってマルチラックを入れてしまうのも良いでしょう。特に一人暮らしの人であれば、大きな冷蔵庫ではなく、小さめの冷蔵庫を持っている人が多いので、マルチラックを置くスペースも十分に確保する事が出来ます。 マルチラックを置くことが出来れば、冷蔵庫の上に電子レンジを置くことが出来ますので、空間を有効活用する事が出来ます。マルチラックもスリムラックも、比較的安価で手に入れることが出来ますので、大変おすすめですよ。